スポンサーリンク

こんにちは!タムタムでっす^  ^
緊急事態が明けて19時までのお酒の提供が可能となりましたねぇ〜
まだまだ縛りはあるものの少し緩まったのでこのタイミングで京橋といえば!のあの名店を取材しました〜



居酒屋とよさん!

京橋の人なら殆どの方が一度は訪れた事のあるお店かと思います!
一体何がそんなに人気なのか??
早速、行ってみましょう〜


まず、殆ど外と言っても過言ではない店内。
立ち飲み形式なので椅子はもちろんなく銀色の簡素なテーブルが等間隔にあるだけです。真夏も真冬も常にこのスタイルを崩さずに営業されているのだとか...ワイルドですねぇ!!

しかも、店の隣は墓地!
何という立地!
(韻を踏んだわけではないですよ)
自粛明けて間も無いと言うのに、殆ど満席状態
営業再開を待ち侘びていたのが伺えますねぇ♪

飲み物は、セルフなので屋台のように氷を張った箱(関西ではどぶづけと呼ばれる)の中に手を突っ込み席まで持っていきます。なんだか新鮮!
そうこうしている内に料理が運ばれてきました(^。^)
どひゃぁあ!!!
なんだこれはぁあ!!!!
これが俗に言う海鮮の宝石箱や〜と言うものですねぇ。凄い。
と言うかこの山盛りの魚卵。
完全に痛風セットですやん。
まぁ、
そんなのお構いなしにタムタムはバクバク食べちゃいましたが。

もちろん、味はなんの間違いもなく美味すぎ!!
テンション爆上がり!!密かに尿酸値も爆上がり!!(色んな意味でうまい)

その後は、とよの名物マグロの頬肉炙り
しっかりとセンターポジションでカメラを構えていると急に話しかけられました。
お姉ちゃん、別嬪さんやね?
あんたは90まで生きるわ!
占いもできんねん!! 』
と言われました。

突然のことなのでびっくり!!
なんて陽気なおっちゃんなんだ...。
その後はリールに挙げたように豪快に素手で火の中のマグロを転がしていきます!
それにも驚かされましたが。

なんというか、京橋と言えば居酒屋とよっと呼ばれる所以が少し分かったように思います。なんだろう、このアットホームで暖かい空間。これはまた来ようとなりますねぇ。
1992年から、約23年間変わらずこの地で愛され続けている居酒屋とよ。
京橋を訪れたなら必ず一度は訪れて欲しい名店です。
待ち覚悟で是非とも足を運んでみてください!!

■ 店舗情報

京橋居酒屋 とよ
住所:大阪府大阪市都島区東野田町3-2-26
電話:06-6882-5768
営業時間: 火曜日・水曜日・金曜日
13:00〜19:00(LO18:30)
土曜日
     12:00〜19:00(LO18:30)
定休日:月曜日、木曜日、日曜日、祝祭日

スポンサーリンク

京橋じゃーなるLINE公式アカウント

おすすめの記事